ベトナムで日本映画「ルパン三世」の上映始まる-小栗旬さん主演の実写版最新作

越で「ルパン三世」上映

越で「ルパン三世」上映

  •  
  •  

 ベトナムの各映画館で10月から、俳優の小栗旬さんがルバン役を演じる日本映画「ルパン三世」の上映が始まった。

 モンキー・パンチさん原作の同名漫画を基にオリジナルストーリーで描く実写版映画の最新作。北村龍平監督がメガホンを取り、制作に4年以上の歳月をかけて、日本・タイ・香港・フィリピン・シンガポールで撮影が行われた。

[広告]

メーンキャストは、小栗旬さん(ルパン三世)、玉山鉄二さん(次元大介)、綾野剛さん(石川五ェ門)、黒木メイサさん(峰不二子)。このほか、台湾、韓国、タイで有名な俳優も出演している。

 日本の映画がベトナムで上映されるのは珍しく、漫画のような感情表現で劇みたいとネット上で評価されているが、ベトナムの小栗さんファンをはじめ、日本が好きな若者が楽しみにしている。

 ベトナムでは先日、日本のドラマ12本を全国放送することが決定されたばかり。今回の映画上映をきっかけに日本映画もベトナムでの上映が増えるのではと期待が高まっている。

  • はてなブックマークに追加