天気予報

32

25

みん経トピックス

越でハイテク農業フェア越で「ルパン三世」上映

ホーチミンのベトナム料理体験クラス、外国人旅行者の人気集める

  • 0
ホーチミンのベトナム料理体験クラス、外国人旅行者の人気集める

自分で作ったベトナム料理の完成を喜ぶ参加者

写真を拡大 地図を拡大

ホーチミン市の郊外地区のクチ県で現在、ベトナム料理クラスが外国人旅行者の間で人気を集めている。

参加者は自分で畑から食材を収穫する

 ベトナムで大学の薬学部を卒業してから、オーストラリアへ留学し、料理とレストラン経営を学んだルオン・ベト・タンさん( Luong Viet Tan) 。西洋風のスタイルを取り入れながら、栄養価が高いベトナムの伝統料理を広めたいという考えで、2012年4月に有機農産物の野菜を使って料理を作る「HCM Cooking Class」クラスを設立した。

 参加者は、ベトナムの伝統的な帽子「ノンラー」をかぶって野菜の畑を巡り、 タケノコ、ピーナツ、ナス、さやいんげんなど自分が作りたい料理に必要な食材を収穫する。参加者は収穫時に、栽培方法や各野菜の薬性なども説明をうける。収穫後は、シェフから伝統料理の作り方を教えてもらいながら、参加者は自分で自由に味付けができる。

 タンさんは、クラス設立時、親戚や友人から「うまくいかないのでは」と心配されていたという。実際に、事例となるようなモデルの施設がなく、集客にとても困っていた。「ここでは観光場所ではないですが、さまざまな体験ができる」と、周囲のベトナム人に訴求したが、なかなか関心を持ってもらえなかった。

 多くのプレッシャーを感じ試行錯誤を繰り返した後、タンさんは外国人の観光客ターゲットを絞った。お客さまに対して熱心に自分の知識を伝えたり、畑や料理の案内を続けたりしていくうちに、旅行の口コミサイト「トリップアドバイザー」で高く評価されて、だんだんと国内のメディア、テレビ局にの目にとまるようになり、取材などをうけるようになったそうだ。口コミサイトには、「ホーチミン市内での体験とはまた違う体験ができ、ベトナムの食文化もさらに理解できて面白い」というコメントが多く寄せられる。

 現在、毎月1000人ほどの参加者を集める。そのほとんどは外国人旅行者だ。参加料は、10万ドン(約500円)から250万ドン(約1万3千円)まで。プラン、時間、目標、参加人数によって変動する。

 今後についてタンさんは、「ライスペーパ やお酒づくりなど、ベトナムの食文化や農業について学べるクラスを設定して、外国人観光客にベトナムの農村の雰囲気を体験してもらいたい」と意欲を見せる。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

 似た点がある一方、文化、飲食、旅行、買い物の異なる点も挙げている。テーマパークやナイトライフをより楽しみたい観光客へはホーチミンを勧め、「ショッピングも楽しめ地元の人も親切にしてくれる」と掲載。ハノイはギャラリーや美術館が充実していて、食事は南部の甘い味付けとは違う点を挙げている。
[拡大写真]

アクセスランキング