ベトナムで海底ケーブル切断-今年2回目、原因は不明

何らかの原因によって切断した光海底ケーブル

何らかの原因によって切断した光海底ケーブル

  •  

 9月15日23時26分ごろ、香港付近のAAG(アジア・アメリカ・ゲートウェイ)の光海底ケーブルが何らかの原因によって切断した。

 前回7月の切断時と同様、今回も国際インターネット帯域幅の容量が約40%低下したため、海外サイトへアクセスする際の読み込み速度が大幅に落ちていたが、前回の切断以来、ベトナムのネットサービス各社はケーブル切断の状況を予想して、トラフィックを改善していたため、前回のようなネット利用者への大きな影響は出ていないという。

[広告]

 ネットサービス各社は、AAG光海底ケーブルの保守会社と協力して、切断原因の追究と復旧作業を進めるが、台風15号Kalmaegiの影響により復旧に少し時間がかかりそうな状況だという。

 同ケーブルの切断は今年に入って2回目で、前回7月の切断は完全復旧までに2週間かかった。