見る・遊ぶ

ホーチミンで「住みますアジア芸人」がライブ ベトナム語で新ネタ披露

(左から)「ダブルウィッシュ」ボケ担当の中川新介さん、ツッコミ担当の井手一博さん

(左から)「ダブルウィッシュ」ボケ担当の中川新介さん、ツッコミ担当の井手一博さん

  •  

 吉本興業「住みますアジア芸人」としてベトナムで活動中のお笑いコンビ「ダブルウィッシュ」のライブイベントが8月8日、ホーチミン市の日系留学生送り出し会社「イノベーションファクトリー」で開催された。

「ダブルウィッシュ」ライブの参加者

 いずれも熊本市出身でボケ担当の中川新介さん、ツッコミ担当の井手一博の2人が2008年に結成したコンビ。「MCIPホールディングス」(東京都新宿区)がアジアでエンターテインメント事業を展開するために2015年、「吉本興業」(大阪市)主導でアジア版「あなたの街に住みますプロジェクト」を立ち上げ、台湾、タイ、インドネシア、マレーシアへ、ベトナムに9組13人が移り住み笑いを届けるという企画に応募。ベトナムに「住む」芸人に選ばれ、同年7月から「住みます芸人」としての活動を始めた。

[広告]

 8月8日を「笑いの日」とし、全国47都道府県とアジア6地域の「住みます芸人」と地域連携お笑いイベント「@ほーむ寄席(あっとホームよせ)」として開いたこの日のイベントは、「いくつかの新ネタを用意してきた」という2人がベトナム語でネタを披露し、会場を爆笑の渦に包んだ。ライブ後半では参加者と「合わせましょう」「せんだみつおゲーム」などのゲームも楽しんだ。

 ダブルウィッシュの中川新介さんは「ファンの数も着実に増え、ベトナム人の笑いのツボも心得てきた。『ベトナムで一番有名な日本人』を目指し、ブレークしたい」と意欲を見せる。

 ライブの様子はベトナムのテレビ番組「Thách Thúc Danh Hài mùa 5」での放映も予定するという。