ベトナムが「世界で最も料理がおいしい国トップ10」にランクイン

ベトナムのオすすめ料理の一つのバインクオン

ベトナムのオすすめ料理の一つのバインクオン

  •  
  •  

米国CNNサイトが6月15日、「世界で最も料理がおいしい国トップ10」を発表しベトナムが10位にランクインした。

CNNによると、フェイスブックの世論調査の結果、ランクインした10カ国中8カ国がアジア諸国で、アジアの飲食文化が広く浸透してきていることが分かったという。同調査では各国の20~50種類のお薦め料理の一覧も発表された。

[広告]

ベトナムは162票を獲得。「国土面積が小さいのに、各地域で特色ある料理があり、種類が豊富で洗練されている」と評価された。同じ名前の料理でも地域によって違いが大きいという。

ベトナム料理お薦めベスト40には、フォー、ブンボー、コムスオン、バインセオ、カオラウ(cao lau)、揚げ春巻き、炒めフォー (pho xao)、おこわ、バインクオン( banh cuon)、バインミー、精進料理、カインブン(canh bun)などがある。

ランキングは、1位=台湾(8242票)、2位=フィリピン(1528票)、3位=イタリア(810票)、4位=タイ(470票)、5位=日本(443票)、6位=マレーシア(265票)、7位=香港(236票)、8位=インド(205票)、9位=ギリシャ((167票)だった。

  • はてなブックマークに追加