3密を避けて新しい生活様式へ!

ホーチミン市で大規模橋梁工事 建設は清水建設

ビンカイン橋のイメージ  ©清水建設

ビンカイン橋のイメージ  ©清水建設

  • 0

  •  

清水建設とベトナムのビナコネックスE&C社で組成する清水・ビナコネックスJVが6月9月、ホーチミン市南部に建設予定の「Cau Binh Khanh (ビンカイン橋)」の大規模工事契約を高速道路公社と締結した。

ベトナム交通運輸省 によると、清水・ビナコネックスの受注金額は約207億円で、うち約40%は国際協力機構(JICA)の円借款でまかなわれる。

[広告]

ビンカイン橋建設は、ベトナム南部の物流促進や効率化、ホーチミン市内の交通渋滞の緩和、増加する自家用車などへの対応を目的に計画されたもの。ホーチミン市とハノイ市を結ぶ南北高速道路の一部で、同市南部を東西に走るベンルック~ロンタイン高速道路区間(57.1キロ)に位置する。

橋の規模は全長2763.5メートル、最大幅員30.35メートルの斜張橋。橋桁をつり下げる主塔の高さは155メートル、橋全体を支える橋脚数は33基になるという。長尺大口径の鋼管杭を144本(基礎1基あたり72本)打設し、問題と思われていた軟弱な地盤にも対応している。

ベンルック出身の男性は「この地域は湿地や河川が非常に多いため、大きな橋の建設は大変そうだが、交通渋滞を減らす大事なプロジェットだと思う。日本の会社が建設するので安心している」と話す。

同工事では着工から47カ月という短工期で施工することが求められており、条件をクリアするために、移動作業車を用いた斜張橋部の橋げた施工の効率化に取り組む。

ビンカイン橋工事は8月に着工、ピークは2017年9月頃になる予定で、橋桁を施工する14機の移動作業車が一斉に稼働する迫力満点の様子が見られるといいう。

清水建設は同工事のほか、現在前田建設工業と共にベトナム初の地下鉄工事となるホーチミン地下鉄1号線も受注している。

Stay at Home