ベトナムの「廃品スピーカーの中から520万円発見」事案、収束へ

喜びを見せるホンさん©Vietnamnet

喜びを見せるホンさん©Vietnamnet

  •  
  •  

廃品回収業のホンさんが古いスピーカーの中から日本の一万円札520枚以上を発見した事案が6月2日、4度におよぶ引き渡し延期をへてようやく収束の時を迎えた。

 4月末に現れた持ち主を名乗る女性は証拠不十分で公安から持ち主とは認められなかったため、同日、タンビン区の公安は1万円札524枚をホンさんに渡す手続きを行った。

[広告]

ホンさんは銀行で1万円札400枚をベトナムドンに両替した後、6億9100ドンを銀行に預金。破れがあった116枚は日本の銀行に送り、交換できるかの返答を待っている。残りの8枚は記念品として家に持ち帰ったという。

 貨幣価値は円安の影響で発見した当時に比べ、1円=203.19ドンから172.83ドンに下がり、総額1億5000万ドン(約80万円)近く損をした計算になるが、ホンさんは「全く悔しい思いはない。これは全て天から舞い降りた幸運なので、とても感謝している」と話し、「子どもの将来のための貯蓄と、孤児や障がい者などの手助けをしたい」と笑顔を見せる。

  • はてなブックマークに追加