2週間前に復旧したベトナムの光海底ケーブルがまた切断

海外サイトへアクセスする際に、読み込み速度が大幅に落ちている

海外サイトへアクセスする際に、読み込み速度が大幅に落ちている

  •  
  •  

 ベトナムブンタウ沖から香港までを結ぶAAG(アジア・アメリカ・ゲートウェイ)の光海底ケーブルの切断事故が5月26日16時30分ごろ、再度発生した。

 前回同様、海外サイトへアクセスする際に、読み込み速度が大幅に落ちている。去年から連続的に起こっていることや原因などが明らかにされていないことから、ネット上で多くの苦情や不満が飛び交っている。

[広告]

 前回の切断事故は4月23日に発生。復旧まで3週間ほどかかり、5月12日復旧したばかりだ。

 AAGの長さは約2万キロで、太平洋を横断し東南アジアと米国を結ぶ世界最大の海底ケーブルの一つ。2009年11月に供用を始めたが、昨年から何度も切断事故が発生しており、そのほとんどがベトナムブンタウ沖から香港にかけてのケーブル。復旧まで3週間ほどかかるため、ベトナムでのネット利用に大きな影響を及ぼしている。そうした状況を踏まえ、ベトナムの各ネットサービス業者は迂回(うかい)ルートに移す作業などを事前に準備しているという。

  • はてなブックマークに追加