ベトナムの2大都市が「旅行にお薦め低予算都市トップ5」にランクイン

「旅行にお薦め低予算都市トップ5」にランクインしたホーチミン市

「旅行にお薦め低予算都市トップ5」にランクインしたホーチミン市

  •  
  •  

UAEのインターネットサイト「DrPrem」がこのほど、「2015年の休暇にお薦めする低予算都市トップ5」を発表し、ベトナム2大都市のハノイとホーチミン市がランクインした。

同サイトによると、近年は外貨レートの関係で国内旅行より海外旅行の方が安い場合もあるという。同ランキングは、滞在時にかかる一日の食費、宿泊費、交通費などを含め、一日の最低予算を算出したもの。ハノイは3位、ホーチミン市は4位にランクインした。

[広告]

静かで落ち着いた雰囲気が支持を集めるハノイに、にぎやかなホーチミン市と、対極のイメージを持つ両者だが、一年を通してホテル代が安定しており、屋台料理もおいしいという共通点が評価された。

同サイトが算出した一日の最低予算は、ハノイが17.47ドル(約2080円)、ホーチミン市 が17.79ドル(約2100円)。ハノイ近郊は広々とした畑、山や海などの自然の景色が楽しめるとし、ホーチミン市はクチトンネル、メコン川などのツアーが体験でき、ハノイもホーチミン共に旅行の基点となる都市としている。

このほかのランキングは、1位=キエフ(ウクライナ、最低予算=15.25ドル)、2位=ポカラ(ネパール、同=17.13ドル)、5位=ゴア(インド、同=23ドル)だった。

  • はてなブックマークに追加