ホーチミン・グエンフエ通りの遊歩道が刷新 水と光のショーや3Dアート投影できる噴水も

  •  
  •  

ホーチミン市1区のグエンフエ(Nguyen Hue)通りに4月29日に新しい遊歩道が完成した。

4月30日のベトナム統一40周年記念日を祝う行事に伴う景観改修工事の一環。全長670メートル、幅64メートルのグエンフエ通りに天然石を敷き、上水道、電気、街灯などのなどのインフラも改修。新たに噴水、公共トイレなども設置した。噴水は水と光のショーや3Dアートが投影できる機能を備えるという。

[広告]

ホーチミン市人民委員会によると、今後は毎週土曜・日曜の18時~23時の間、グエンフエ通りを歩行者天国にするほか、市民に遊歩道がなじんだ頃合いを見て夜間に文化活動やスポーツ活動などを行える場所にしていく予定で、同市の新しい観光スポットになることが期待されている。

  • はてなブックマークに追加