宝くじに当たった実話を映画化-ベトナムコメディー「Trung so」が高評価

宝くじに当たった実話を映画化-ベトナムコメディー「Trung so」が高評価

宝くじに当たった実話を映画化-ベトナムコメディー「Trung so」が高評価

  •  
  •  

ベトナムの映画館で2月12日、コメディー映画「Trung so(チュン・ソー、意訳=宝くじが当たる)」の上映が始まる。

 2011年に実際に宝くじに当たったある出来事から発想された同作品。ベトナム南部のロンアン省で宝くじを売っている女性Phan Thi Lanh(以下、ラン)さんはその日、なかなか宝くじが売れなくて困っていた。宝くじの回収時間は迫っているし、どうしようかと焦っていた。そこでランさんは、いつもランさんを応援して宝くじを買ってくれていた男性のDo Ngoc Tuan(以下、トゥアン)さんに電話した。トゥアンさん自身もあまり裕福ではないが、ランさんをかわいそうに思い20枚の宝くじ(約1,000円)を買ってあげることに。トゥアンさんは仕事中だったので買った宝くじをランさんに預かってもらっていた。

[広告]

しかし、その日の午後に結果が出てランさんがチェックしていると、トゥアンさんが買った20枚の宝くじの4枚が特別賞金、6枚が賞金に当選していたのだ。当選金額は66億ドン(約3300万円)だった。ランさんはトゥアンさんにありのままに電話して報告した。その後トゥアンさんは特別賞金の1枚(約750万円)をランさんにあげた。

 誠実なランさん、親切でおおらかなトゥアンさんの話に感銘を受けたDustin Nguyen監督がベトナム南部の農村生活を舞台に宝くじの話を再現した。現代人の暗い部分、疑心や利己的な思想に満ちた社会を風刺しつつも、その社会には人の優しさや温かさも同居していることを伝えている。説得力があり、ユーモアに重点を置きつつも深みのある映画で高く評価されている。

英語字幕もある。

  • はてなブックマークに追加