3密を避けて新しい生活様式へ!

暮らす・働く

ホーチミンに「北海道ビレッジ」、今秋開業へ-大規模フードコートも

北海道の大自然と安全な食品をアピールする「Hokkaido Village」を開く予定

北海道の大自然と安全な食品をアピールする「Hokkaido Village」を開く予定

  • 0

  •  

ホーチミン市の中心地に今年10月、「Hokkaido Village」がオープンすることが分かった。

ベトナム政府系メディアVOVによると、金融機関を含む北海道の約11企業が法人「Cool Hokkaido」を設立した。同法人は東南アジアに展開している地元企業を支援するほか、北海道の大自然と安全な食品をアピールする「Hokkaido Village」を開く。

[広告]

北海道の味を提供できる飲食店を展開するほか、ベトナムと北海道とのビジネスを拡大する目的で、市内の日本食レストランに北海道産の食品、食材を卸す事業も始める。

計画では10月、ホーチミン市中心地に札幌の飲食店がすしや焼き肉などを提供する1500平方メートルの大規模フードコート「Hokkaido Village」をオープンする。2016年4月には 北海道料理教室やヘアサロンなどもオープンする予定という。

現在、ホーチミン市内の約300の企業が日本食レストランに投資している。その中の約200社が日系企業だ。外資系の飲食店がまだ設立できないベトナムでは、 日系企業はベトナム人の名義を借りて経営しており、フランチャイズの形で展開しているケースもある。

ベトナムで日本食レストランは1990年に出店が始まり、2006年ごろに増加し、2011年ごろにレストラン間の競争が激しくなり出店ラッシュは落ち着いた。近年、丸亀製麺、牛角、PIZZA 4P’Sなどの特徴ある日本のレストランが増え、ベトナム人の口に合う日本食は高い人気を集めている。

Stay at Home