ホーチミンでミュージカル「魔笛」-市交響楽団、制作費に過去最高額

公演に向け熱心に練習している俳優・女優

公演に向け熱心に練習している俳優・女優

  •  
  •  

ホーチミンの「市民劇場」(通称=オペラハウス)で11月8日・9日の2日間、モーツァルトの代表的なミュージカル作品「魔笛」( The Magic Flute) の公演が行われる。

 舞台の時代設定は古代のエジプト。王子による姫の救出劇から始まるが、途中で善と悪、情熱と意志が入れ替わる。愛のために2人の主人公「タミーノ王子」「パミーナ姫」が多くの障壁に挑む様子が描かれた作品だ。

[広告]

 人間の深層心理を描いた作品で、1791年の初演以来、魔笛はオペラの中で最も愛される作品とされ、世界中で頻繁に上演されている。

 ノルウェー政府の協力を得た今回の公演では、これまでのホーチミン市交響楽団の公演で最も多くの制作費がかけられた。演奏はもちろん舞台のセットにも注目が集まる。

 20時開演。チケット料金は、40万ドン(約2,000円)、55万ドン(約2,800円)、65万ドン(約3,300円)。

  • はてなブックマークに追加