天気予報

32

25

みん経トピックス

口で絵を描く男性、越で話題越の5つ星ホテルは格安

ベトナムで日本の制服ファッション展示 出展ブースに連日長蛇の列

ベトナムで日本の制服ファッション展示 出展ブースに連日長蛇の列

「ルーシーポップ」ブースでポーズをとっている現地の女性たち

写真を拡大

ホーチミン市タンフー区にあるイオンモールで1月16日・17日、日本の制服ファッションブランド「LucyPop(ルーシーポップ)」が初の展示会を行った。

試着体験イベントに参加したベトナム人の女性たち(関連画像)

日本の経済産業省が主催する「クールジャパン・ワールドトライアル in ベトナム」の一環。会場では日本企業10社が出展した。ルーシーポップの制服試着体験を行った「響」(東京都港区)ブースでは連日、長い行列ができていた。

ルーシーポップによる制服ファッションショーも行われ、ベトナムの女子大生7人と、飛び入りで参加した「Niji Dance Group」のメンバー2人が登壇。自分でコーディネートしたという制服ファッションに身を包みポーズを披露した。買い物客は彼女たちの姿に足を止め、ファッションショーに見入っていた。

広報担当者の秋山さんは「今回、ホーチミンから日本の制服ファッションを発信するため、日本で制服コスプレーヤーとして知られる『セーラー服おじさん』こと小林秀章さんをベトナムに招待した。ブランドPRの一環として、16日にはホーチミンの1区で制服姿のNiji Dance Groupのメンバーと一緒に活動を行った」と話す。

秋山さんによると、フランス・パリや、フィリピン・マニラで一昨年に開いた同様のイベントも成功を収めたといい、ベトナム開催でも現地での反響に手応えを感じているという。今後は日本の商社を通じて学校関連の制服受注やカジュアルウェエアのライセンス展開を進める方針という。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

 似た点がある一方、文化、飲食、旅行、買い物の異なる点も挙げている。テーマパークやナイトライフをより楽しみたい観光客へはホーチミンを勧め、「ショッピングも楽しめ地元の人も親切にしてくれる」と掲載。ハノイはギャラリーや美術館が充実していて、食事は南部の甘い味付けとは違う点を挙げている。
[拡大写真]

アクセスランキング