天気予報

32

25

みん経トピックス

越で伝説の巨大ガメが死亡越で日本の制服初出展

オスカー賞候補作品の主人公 口で絵を描く男性、ホーチミンで話題に 

オスカー賞候補作品の主人公 口で絵を描く男性、ホーチミンで話題に 

口で絵を描いているチャウさん © Le Minh Chau

写真を拡大

 口で絵を描くホーチミン市在住の障がい者、Le Minh Chau(レ・ミン・チャウ)さんが外国人の注目を集めている。チャウさんはオスカー賞のトップ5に推挙されたドキュメンタリー映画の主人公。

 同作品のタイトルは「 Chau、Beyond the Lines」で、画家になる夢を持っているチャウさんのドキュメンタリー。米国人監督のCourtney Marsh(コートニー・マーシュ)さんが2007年から2014年まで撮影した。上映時間は34分。今年の1月 14日、第88回オスカー賞で「最優秀映画」というジャンルのトップ5に推挙された。

 現在、チャウさんは10区のLe Hong Phong(レ・ホン・フォン)通りにあるギャラリーの店長を務める。英語と日本語が堪能なこともあり、顧客のほとんどは外国人だという。このほか、ギャラリーの前で、さまざまな国から来た子どもに絵画を無料で教えている。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

 似た点がある一方、文化、飲食、旅行、買い物の異なる点も挙げている。テーマパークやナイトライフをより楽しみたい観光客へはホーチミンを勧め、「ショッピングも楽しめ地元の人も親切にしてくれる」と掲載。ハノイはギャラリーや美術館が充実していて、食事は南部の甘い味付けとは違う点を挙げている。
[拡大写真]

アクセスランキング