天気予報

32

25

みん経トピックス

ホーチミンの農村カフェ人気セーラー服おじさん来越

ホーチミンにレストラン新店 店主は医師、料理長は元公邸料理人

ホーチミンにレストラン新店 店主は医師、料理長は元公邸料理人

「Doctor’s Cafe & Restaurant HIRO」外観

写真を拡大 地図を拡大

ホーチミン市2区に昨年11月、「Doctor’s Cafe & Restaurant HIRO」がオープンした。

 閑静な住宅街にあり、店舗入り口の両脇には緑を植えるなど、ゆったりと食事ができる雰囲気を演出する同店。

 井上総料理長は元ハノイ公邸料理人。フレンチだけでなく和食など客のさまざまな要望に対応する。「いろいろな食材を実際に食べることから新メニューのインスピレーションを得ている。お客さまの想像力を刺激するために、メニューの名前はあえて決めていない」と井上さん。「毎日仕入れた一番よい食材を使うため、定番メニューは用意していない。仕入れた食材と、お客さまのご要望と、シェフの腕の3つがコラボレーションしてメニューが初めて完成する」とも。

 店主の青井幸司さんの本業は医師。そのため、果物を使ったオリジナルの「デトックスウオーター」をはじめ、砂糖ではなくココナツシュガー(パームシュガー)を使ったドリンクなど、健康に気を配ったメニューを提供している。今後はレストラン隣に医院を建設する計画もあるという。

 青井さんは「お客さまの8割が日本人。ランチの客層は女性客と子連れ客が多い。休日はゴルフ帰りに一杯というお客さまもいる。ディナーは、接待やデートとして利用されることが多く、プライベート空間が好評」と話す。

 ランチは、カレー(20万ドン=1090円、1日20食限定)、カジュアルフレンチコース(50万ドン=約2636円、全4品)を用意。カレーはデリバリー(15万ドン)に対応する。ディナーは約200万ドン(=1万円)。1日3組限定で完全予約制。貸し切りにも対応する。

営業時間は、ランチ=11時30分~14時、ディナー=18時~22時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

 似た点がある一方、文化、飲食、旅行、買い物の異なる点も挙げている。テーマパークやナイトライフをより楽しみたい観光客へはホーチミンを勧め、「ショッピングも楽しめ地元の人も親切にしてくれる」と掲載。ハノイはギャラリーや美術館が充実していて、食事は南部の甘い味付けとは違う点を挙げている。
[拡大写真]

アクセスランキング